車買取と査定

車買取と査定とはどういったことでしょう。買取ということはこちらからすると、売る側になるということですね。現在、所有している車を売り、 現金を受け取ることが買取ということになります。新しい車に買い替えたいなどと思った時には、買取と査定(下取り)と分かれていることを理解しましょう。 ディーラーで下取りといった場合は、新しい車を買うために同じ販売店で査定された額を購入する車の資金にすることを意味します。

つまり、所有している車の査定額は現金でもらえるわけではなく、新しい車の価格から引かれる金額ということになるのです。 ではどちらがいいのでしょう。新車を購入するわけではなく、ただ所有している車をいらないので売る場合は買取をしましょう。 新車を購入したい時はディーラーで査定してもらうほうがいいとは言い切れません。その理由は買取額と査定額は必ずしも同じではないということです。 金額は買取でも会社によっては違ってきますが、買取などの大型チェーン店では相場情報を収集して基本価格を決めているので少し高めに金額を提示してくる場合もあります。 ディーラーでも基本価格というのは販売会社によって設定されているので、新車の販売価格なども考慮に入れて最終価格が決められています。